2011年05月30日

台風で青梅に被害

 台風2号から変わった温帯低気圧による強風で、和歌山県みなべ町内でも収穫を間近に控えた南高梅が落果したり、枝で実がこすれて傷ついたりする被害が出た。JAみなべいなみ(本所・みなべ町気佐藤)は30日から南高梅の荷受けを開始したが、同日正午現在の出荷は8件で、被害の影響などで例年に比べ出荷量は少なめという。

 収穫まであと10日ほどという同町西岩代の園地では、落果や枝が折れるという被害が出た。心配そうに園地を見ていた農家の女性(64)は「台風が29日に温帯低気圧になったと聞いて安心していたが、30日午前2時ごろから、予想外に強い風が吹き始めた。強い風が当たった場所ではかなり実が落ちてしまった。一生懸命育ててきたのに」。同町西岩代の農家男性(62)も「朝から畑を見回ってきたが、ひどい所では3割ほど実が落ちているようだ」と話した。

 同JAやみなべ町などは30日、被害状況の調査を実施。着果状況調査の対象となっている園地で、落果率を調べるために着果数を数えたり、被害の大きい園地では1平方メートル当たりに落ちている果実数を調べるなどした。

 同JAの担当者によると、農協の観測では町内で20メートルを超える最大瞬間風速を観測。「園地によって被害の状況は異なるが、落果がかなり見られる。枝でこすれてしまった果実もあり、秀品率は低下するだろう」と話している。




[紀伊民報ニュース]より



 梅雨の時期に台風が来ると、大きな被害をもたらしますね。大震災の被災地である東北3県などには、この台風が更なるダメージを与えなければ良いのですが・・・。農産物への被害も大きいようですし、人々の暮らしに悪影響を与えることになるのでしょうか?心配です。



Posted by icarus at 20:54