2010年11月20日

秋空に真っ白な壁面、天守閣南面塗り替え終了

和歌山城天守閣南側で行われていたしっくい壁の修繕工事がこのほど終了し、 見違えるような真っ白な壁に生まれ変わった。

昭和33年に再建されてから初めての大規模な塗り替えとなり、 250日の工期と約1400万円の工事金額を要した。

大橋建一市長は 「壁は汚れが目立っていたが、 工事が終わって大変美しい。 ぜひ見てほしい」 とアピールしている。



<わかやま新報より>


新しく生まれ変わった和歌山城、すばらしいですねface01
これから先、一人一人大切にしていければなぁと思いますicon14

和歌山に旅行に行った際には立ち寄りたいと思いますik_20





同じカテゴリー(ニュース)の記事
 キムタク、八木アナの暴走「どうしようか」 (2010-12-12 23:25)