2010年04月13日

ロンドン五輪へ向けて: セーリングチーム発足

2年後のロンドン五輪と5年後の和歌山国体に向けて、セーリング(ヨット)の有力選手を育てようと和歌山市の競技関係者らが10日、「セラヴィセーリングチーム」を発足させ市内のホテルで壮行会を開いた。県内外から約70人が応援に駆けつけ、所属する選手2人にエールを送った。

 選手は全長470センチの2人乗りディンギー(小型ヨット)を使用する470級の日本代表チームに選ばれている市野直毅選手(22)=関西学院大学=と吉見亮平選手(24)=栄和=。

 壮行会ではチームや競技について紹介されたほか、両選手が自己紹介。市野選手は「和歌山の人たちに夢を与えられるセーラーになりたい」。市内の保険会社員でもある吉見選手は「これまで中途半端だった競技人生がようやく本格始動できる」と笑顔をみせた。

 470級は男子では関一人・轟賢二郎選手組がアテネ五輪で銅メダルを獲得し、日本が強化に力を入れている種目のひとつ。チーム担当者は「平成20年に和歌山の施設がナショナルトレーニングセンターに認定された。2人の活躍に期待している」と話した。

【産経新聞】
-------------------------------------------------------------------

私もヨットの470に乗っていたことがありますが、ヨットは優雅に見えて、大変なスポーツです!face08 
頭も使うし、体力もかなりいります! 私は特に結構身体があざだらけでしたface07  
海に出てると、お肌の手入れもかかせません。 美白効果のある化粧品でお手入れをしていたので、今でもしみはでてきていません!ik_60  デルメッド 美白セットでしみの予備軍を後退してくれたのだと思いますface05 

それはともあれ、五輪という世界の海での航海に和歌山のセーラーの活躍を期待したいですね!icon19icon12  


Posted by icarus at 16:13

2010年04月01日

ファッションビル「和歌山ミオ」オープン!

JR和歌山駅ビル(和歌山市美園町5丁目)が31日、若い女性向けのファッションビル「和歌山MIO(ミオ)」としてリニューアルオープンした。60店のうち31店は県内初出店。これまで大阪まで足を運ばないと買えなかったブランドが入るとあって、午前11時の開店前には約1800人が列を作り、春休み中の中高生や大学生らでにぎわった。

 改装前の「VIVO和歌山」と同じくJR西日本のグループ企業の和歌山ステーションビルディングが経営。オープンのセレモニーで細井義勝社長は「和歌山初出店のはやりの店を多数そろえ、必ず気に入ってもらえると思います」とあいさつした。

 地上5階、地下1階で、1階と地下は主に食品や喫茶店。2、3階に県内初出店の「オゾック」「ページボーイ」など、ファッションや雑貨の店が並び、10代後半~20代前半の女性をターゲットにしている。

【朝日新聞】
-----------------------------------------------------------
女性なら最新のファッションや美容が気になりますよね!まして地方に住んでいると、テレビや雑誌で見ている物が手に入りづらいもの! 通販だとよくわかりませんし~。 これで和歌山ガールズも買い物が楽しくなりますik_14 でもまだまだ美用品の扱いは少ないと思います!
ネイル用品も少ない!例えばネイルオイルとかは通販で買ってます。 サロンの充実も早くするといいのですがicon06  


Posted by icarus at 17:42