2009年09月16日

和歌山の文化財「養翠園」を知る

養翠園は国の名勝に指定されており、1818年から1829年までに紀州徳川藩主治寶 (はるとみ)によって、造営された藩主の別邸です。西浜御殿(治宝の隠居所)からの清遊の場として水軒御用地内に造営された徳川中期の代表的な大名庭園といわれています。この地はもと藩士の山本理左衛門の下屋敷と伝えられていますが、大浦湾に面した景勝地なので,藩の御用地として精美をつくした大庭園が造営されたようです。

養翠園庭園は松を主とした約33,000㎡におよぶ大名庭園で、その周囲に松ヶ枝堤と呼ばれる黒松の並木がめぐっています。池の中央には小島を造り、南北から橋を架けてこの中島に通じるようにしています。中国の西湖を模したといわれる石造りの三ツ橋があり、池は海水を取り入れた汐入の池で全国的に珍しいものです。庭園はこの大池を中心とした池泉廻遊式庭園ですが、池の西畔から眺めると,北方に天神山、南東に章魚頭姿山が借景として取り入れられており、借景式庭園でもあります。
園内の養翠亭は1821年に建てられたもので、数寄屋建ての茶屋構造であるが左斜めの斜面になった珍しい廊下をもち、一隅に二畳台目の茶室「実際庵」があります。

江戸時代中期以降に諸大名がその下屋敷などに造営した行楽清遊のための大庭園の一例ですが、借景を取り入れた潮入りの池など環境を生かした庭造りが行われており、全体として当時の状態を良く留めているのもとして国の名勝に指定されています。  


Posted by icarus at 16:31

2009年09月08日

日本のワイキキビーチ白浜♪

日本人に大人気のハワイ、ワイキキビーチicon06
日本にもワイキキビーチに負けずに綺麗な白浜のビーチがあるのはご存知ですか??

それは、和歌山県の南紀白浜です!icon12

2000年夏、和歌山県白浜町の白良浜はハワイ州ホノルル市のワイキキビーチと『友好姉妹浜』(Goodwill Beach City Relationship)になりました。
姉妹浜提携をした白良浜とワイキキビーチには、たくさんの共通点があります。
ビーチを持っている白浜町、ホノルル市は、観光が主な産業であり、年間観光客数は、白浜町が約350万人、ホノルル市は680万人であり、これらの観光客の方々によって支えられているといってもいい過ぎではないかもしれません。
白良浜には、夏期シーズン、ワイキキビーチには、年中、たくさんの海水浴客が訪れます。そして、お見えになった方々がきれいなビーチで楽しく、安全に海水浴ができるように、ビーチの清掃にも力をいれ、ライフガードも配備し、最高のコンディションで海水浴が提供できるよう努力をしています。

また、きれいな自然のビーチを後世に残すため、白浜町では、白良浜養浜事業に取り組み、白砂の海岸を守り、自然環境の保護に力を注いでいます。ホノルル市もワイキキビーチの保全に、市、市民が一丸となって、周辺の公園や、緑化の整備に取り組み、世界ビーチ保全の先進的な役割を果たしています。白浜町、ホノルル市は、今後、自然環境に対して、共通する環境保護に共同して取り組んでいくことも話し合われており、その基盤やネットワークが海浜リゾート地をもっている世界の都市、町にも普及していくものと期待されています。

ほかにも共通点はありますが、ビーチの名前も「白良浜」は、「白い砂浜」で、町名の由来にもなっていますが、「ワイキキ」もハワイの現地語で「水が湧き出る」との意味があるそうです。

海外旅行に行けなくても行けない方。日本のワイキキビーチはいかがですか?icon11  


Posted by icarus at 17:08